過去10年分の記事は[昨日の下高井戸]に保存されています。

ブンガブランのナシ・チャンプル

ブンガブランのナシ・チャンプル

ムンランギットカフェからインドネシア料理専門店になったブンガブランでランチ

ブンガブランのランチメニュー

ランチメニューは火水木と金土日祝で違うようだ。

全日共通メニューは、ナシゴレン、シーフード・ブンブ・バリ、ミー・アチェ、ミークア、カリ・ビーフン・メダン

平日火水木限定はナシチャンプル

金土日祝限定は月空カレー、グレ・アヤム、グレ・カンビン

ムンランギットカフェ時代からの人気メニューである月空カレーは金土日祝しか食べられないので注意だね。

ナシ・チャンプルのおかずメニュー

訪問した日は平日だったのでナシ・チャンプルがあった。おかずの内容は店内の黒板にかいてあるよ。

この日のおかずはイカンサンバルマタ(サバの生サンバルがけ)とガドガド(湯で野菜のサラダ)だって。

ブンガブランのナシ・チャンプルのメニュー

ナシ・チャンプルにはカレーが付いていて、どのカレーを選ぶかで値段が変わるようだ。選べるカレーは4種類

月空カレー (豚の角煮カレー) 1,180円
ラウォン(牛スープカレー) 1,180円
グレ・カンビン(マトンカレー) 1,280円
グレ・アヤム(チキンカレー) 1,080円

月空カレーとか平日は食べられないと思ったけどナシ・チャンプルで食べられるんだね。

辛さを調整できるようなので辛党の人は注文時に辛くしてもらおう。

ブンガブランのナシ・チャンプル
ナシ・チャンプル (グレ・カンビン)1,280円

マトンカレーのナシ・チャンプルにしてみた。

色々なおかず、ソースを混ぜながら食べるのがインドネシア流なんだって。

和食だと混ぜる文化がないから違和感がありまくりだけど、混ぜる種類と量を変えるたびに味や香りが変わるので実際にやってみると面白いね。

グレ・カンビンのマトン

グレ・カンビンのマトンも美味しいね。本来はヤギ肉を使うそうだけど日本だと馴染みもないし手に入りにくいのでマトンを使っているんだって。

ブンガブランのオリエン
オリエン 200円

オリエンはタイの甘いカフェオレ。辛い料理によく合う。

ブンガブランの外観

メニュー名だけ見てもさっぱり分からないし、混ぜる食べ方も馴染みがないので戸惑う事が多いかもしれないけど、これからの時代は多様性と異文化を受け入れていくのが当たり前になるので、ブンガブランは美味しく異文化を楽しめる素晴らしい場所だと思うんだ。

インドネシアの人口は日本の倍くらいで、しかも若者が多い親日国なのでこれからの東南アジアを引っ張っていくだろうし、日本にとって重要な国になるはずだ。今からインドネシアの食文化を学んでいこう。

と、難しいことを考えずに、とにかく混ぜて食べて美味しけりゃいいんじゃかな。

エスニック・アジア料理カテゴリの最新記事

Topに戻る