過去10年分の記事はシーサーブログに保存されています。

ムンランギットカフェの贅沢ナシチャンプル

ムンランギットカフェの贅沢ナシチャンプル

公園通りを歩いていたら・・・

ナシチャンプルの看板

ムンランギットカフェの新メニューが出ていた!

インドネシアのワンプレートディッシュで平日の火曜、水曜、木曜のみ、しかも数量限定だって。

おかずの内容は日替わりでお店に入るまでのお楽しみ。運が良ければinstagramで掲載されているかも。

ナシチャンプルのおかず

お店に入って内容を確認すると、チキンの生サンバルあえ、揚げ魚のバリソース、ゆで野菜のココナツあえ、鶏の串焼き等と書いてある。

何が凄いかって、サンバルとかバリソースとか味の想像が全くつかないところだ。だけど、それがいいんだよね。

後で調べてみたら、サンバルはインドネシアの辛い調味料でチリソースの一種だって、バリソースも辛いソースだ。

辛さは調整できるので注文時にお願いしよう。

ムンランギットカフェのビール
ビール400円

まずはビールでのどを潤す。ムンランギットカフェのビールは泡がきめ細やかで美味しいんだよね。グラスのお手入れとか注ぎ方とかちゃんとしているんだろうね、素晴らしい。

ムンランギットカフェのナシチャンプル
贅沢ナシチャンプル 1,480円

おかずいっぱい!おかずは右からゆで野菜のココナツあえ、揚げ卵、チキンの生サンバルあえ、揚げ魚のバリソース、鶏の串焼き、えびせん、真ん中にはターメリックとココナッツミルクで炊いたライス。

それぞれ辛かったり、甘かったり、いい香りだったり面白い。お店のおすすめは色々混ぜて食べるとさらに美味しくなるのだとか。

半信半疑で混ぜてみると、あら不思議、味に深みが出て美味しくなった!これはいいね、それぞれ単品で食べても美味しいけど、混ぜるとさらに美味しい。

チャンプルって沖縄料理で混ぜるって意味だと思うけど、インドネシアでも同じ意味なのかな?

ムンランギットカフェの外観

それなりにボリュームがあったはずなんだけど、ペロリと食べてしまった。未知の経験をさせてくれるお店が下高井戸にあるのは素晴らしいことだね。

エスニック・アジア料理カテゴリの最新記事