過去10年分の記事は[昨日の下高井戸]に保存されています。

明大前 洋菓子店タトルの生チョコとチョコクッキーを同時に食べる『松林』

明大前 洋菓子店タトルの生チョコとチョコクッキーを同時に食べる『松林』

子供から母親への感謝のプレゼントを買いに明大前の洋菓子店タトルへ。ほんとはホワイトデーのプレゼントになる予定だったけど少々遅れたので感謝のプレゼントと言うことで。

明大前 洋菓子店 タトルの外観

公式twitterの情報によると明大前駅の井の頭線ホームにあるスイーツモードに出店中らしい。下高井戸住民としてはわざわざ明大前駅で降りなくても買えるのは嬉しいね。明大前駅で降りてひと駅歩いてもいいんだけどさ、通り道だし。

松林のショーケース

ショーケースの左のほうにチョコのコーナーがって、子供に好きなものを選ばせたらコレを選んだ。前回買ったタルトみたいなのをイメージしていたんだけど、ごっつくない?とは言え子供の意思を尊重しないわけにもいかないので予定よりも豪華なプレゼントになってしまった。

松林 1,600円
松林(まつばやし) 1,600円

早速買って母親へプレゼント、それを僕が奪って写真撮影。奪ったんじゃない、ちょっと借りただけだ。

直線的なデザインが印象的な箱だね。

松林

中は生チョコの『赤松』と白いチョコクッキーの『雪松』の2種類が入っている。松が2つで松林ってことだね。

生チョコの『赤松』はオーガニックのミルクチョコを使用し、隠し味に上質なアッサム茶葉の香りを忍ばせていて、ホワイトチョコクッキーの『雪松』はオーガニックのチョコを使用したサクサクのチョコクッキーにホワイトチョコをコーディングしているんだって。

『赤松』は松の幹を斧で切ったイメージで、『雪松』は雪化粧された松をイメージしている。

ふたつを同時に食べることで完成させるお菓子だ。おぉ、ふたつ同時に食べるのか。

赤松 on 雪松

奥様が食べた後に子供たちと僕にも分けてもらいました。赤松 on 雪松。

生チョコって僕には濃すぎてあまり食べないんだけど、サクッとしたチョコクッキーが濃厚さを受け止めてくれてちょうどいい感じになっている。ねっとりした生チョコにサクサクのクッキーっていいね。味のバランスもいいし美味しいなぁ。

雪松の断面

説明の通りチョコクッキーは2層になっていて、チョコクッキーにホワイトチョコがコーディングされている。

お菓子の詰め合わせはどこのお菓子屋さんでもあるけど、ふたつを組み合わせ食べるのは珍しいんじゃないかな。

食べたことのないお菓子ってワクワクするよね。そんなワクワクを感じさせてくれるお店が近所に来てくれてうれしい。

子供の無邪気な一言で選んだお菓子だったけど家族みんなで美味しい時間を過ごせて良かった。お菓子を選んだ子供と分けてくれた奥様に感謝だな。

ケーキ・お菓子カテゴリの最新記事

Topに戻る