下高井戸 三笠家の粽

【和菓子 三笠家】端午の節句の餅菓子『ちまき』

端午の節句のお菓子と言えば柏餅か粽(ちまき)だ。僕が子供の頃は柏餅一択だった気がするけど、いつからちまきを食べるようになったんだろう?と考えながら和菓子屋さんの三笠家へ。

下高井戸 和菓子 三笠家の外観

お店の場所は下高井戸駅からすぐそば、店頭には『柏もち』の張り紙がある。ちまきは無いのかな?

お店の営業時間は当面の間9時から18時の時短営業なのでお店に行くときは注意しよう。

三笠家の柏餅

柏餅は粒あん、こしあん、みそあんの3種類で各195円。

和菓子 三笠家の柏餅は手造り貝包み、こしあん、つぶあん、みそあんの3種類
和菓子 三笠家の柏餅は手造り貝包み、こしあん、つぶあん、みそあんの3種類
端午の節句が近いので柏餅を買おう。行くのはもちろん和菓子屋さんの三笠家だ。 下高井戸駅前の踏切からすぐ近く。マツモトキヨシから日本大学方面に進んで2件隣にある。.....

ちまきはあるかな・・・・

下高井戸 三笠家の粽

カウンターの上にあった。3本入りで840円だ。隣には『せたがやPay』のQRコードがあった。老舗だけどしっかり電子決済に対応しているのがいいね。

三笠家の外観と粽

兜の絵が描いてあって端午の節句っぽいね。この時期だけの限定販売なのかも。

粽

早速開封。

機械では作れない手作りならではの巻き方と結び方だ。

ちまきのことを調べてみたら、ちまきは香りの強い笹の葉などで包んできて、香りの強い葉を使うことで邪気を払うのだとか。笹の葉は殺菌作用があるから気温や湿度が上がってくる今の時期にピッタリなのかもしれない。

ちなみに柏餅を包む柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないことから子孫繁栄の願いが込められているんだって。

ちまきは2300年前の中国で作られたもので、春秋戦国時代の楚国の忠臣、屈原(くつげん)の命日である5月5日にお供えされたのが始まりなのだとか。

日本には平安時代には食べられていて、名前の由来は元々はチガヤの葉で包んでいたので『チ巻き』になったのだとか。

時代が変わるにつれて笹の葉で巻いたり中身が変わったりして今の和菓子に至っている。そんな昔からあったんだ。

下高井戸 三笠家の粽の中身

中身のお餅は柔らかく優しい甘さ。餡子が苦手な子供でもこれなら食べられるね。

昔ながらの和菓子は美味しいだけじゃなく、お菓子に込められた願いを知るのが面白いんだよね。

訪問歴

  • 【和菓子 三笠家】月見団子
  • 【和菓子 三笠家】端午の節句の餅菓子『ちまき』
  • 【三笠家】おはぎ4種
  • 【和菓子 三笠家】くるみゆべし『下高井戸もち』
  • 世田谷線つまみぐいウォーキング2018
  • 和菓子 三笠家の柏餅は手造り貝包み、こしあん、つぶあん、みそあんの3種類

訪問履歴が 6件あります。

全て表示する。

店舗情報

店舗ページ
店名三笠家
住所東京都世田谷区赤堤4-46-8 地図
TEL03-3321-2649
営業時間9:00~19:00
定休日祝を除く木曜
旧ブログ訪問歴

訪問メモ

下高井戸の三笠家といえば老舗の和菓子屋さんで、下高井戸餅が有名。鎌倉時代の日蓮上人への供物が由来なのだとか。以前は世田谷スピリッツとして、世田谷区推薦のお土産として常連だったのだ。ここ数年はエントリーされていないけど、よく考えてみれば「下高井戸」って住所は杉並区だから世田谷区の推薦を受けるのは変だよね。店舗も下高井戸駅も世田谷区にあるんだけどなぁ。老舗の和菓子屋さんなので、和菓子の由来や、なぜこの形なのかを説明してもらえる。和菓子には色々願いが込められているのだなと、感心するはずだ。毎月3,13,23日は下高井戸スタンプ3倍。

下高井戸 三笠家の粽
最新情報をチェックしよう!